ルミガンの特徴

ルミガンの特徴と使い方について

今女性たちの間でまつ毛の育毛剤として注目されている薬をご存知ですか?

そのまつ毛の育毛剤の名前は「ルミガン」といいます。

ルミガンは元々緑内障の点眼薬ですが、副作用としてまつ毛が伸びたり、増えたり、濃くなったりすることがわかり、ルミガンを開発したアメリカのアラガン社で、研究されました。

ルミガンの有効成分であるビマトプロストがまつ毛の育毛に効果があるとわかり、アメリカのFDA(食品医薬品局)にまつ毛の育毛剤としてルミガンの認可を申請しましたが、美容目的であったため、もともとの使い道とは異なる事から認可されず、アラガン社では、ルミガンにアプリケーターというまつ毛に薬液を塗るための専用のブラシを付けた「ラティース」という製品を作り、美容目的でアメリカのFDAから認可を受けました。

ですから、ルミガンは美容目的での認可を受けていないのです。

でも、ラティースもルミガンも同一のものであり、ラティースはアプリケーターが付いているだけ価格が高いので、まつ毛の育毛剤=ルミガンとなってしまっているのです。

ルミガンやラティースの特徴は、世界で初めてまつ毛の育毛剤として効果が立証され、安全性が認められている医薬品である事です。

日本では、緑内障の点眼薬としてしか認可されていないので、多くのクリニックでは処方してもらう事ができません。

しかし、一部のクリニックでは処方してもらう事ができますし、個人輸入でも購入することができます。

ルミガンを使用すると約2か月で80%以上が効果を実感したと言われています。まつ毛の長さは25%、密度が6%、色の濃さが18%ましたという試験結果も出ているのです。

ルミガンの大きな特徴は、有効成分ビマトプロストがまつ毛の育毛に効果があるとわかり、アメリカのFDAという日本でいう厚生労働省にあたる機関で認証を受けている、効果が立証されたまつ毛の育毛剤であるという事です。

これまでのまつ毛の美容液などとは全く違う効果があります。

>>ルミガンの詳細はこちら<<


参考資料:ルミガン通販